当サイトでは、意外に難しい良い興信所を探す方法を解説したいと思います。

身近な情報の少ない興信所、どうやって良い興信所を探せばいいのでしょう。家の近くにある看板や電車から見える広告。インターネットのある時代、これだけで興信所を選ぶことはないでしょう。とりあえず、検索。そこから興信所を探すことは始まります。

「興信所」と検索窓に打ち込み検索してみると、ほとんどの場合考えていた以上の興信所がヒットしてきます。殆どの興信所は、東京や大阪、大都市圏にばかりある興信所です。自分の地域の興信所を探すには、都府県も検索窓に入れて検索してみることが大切です。
大きい事がいいことでも、小さい事がいいことでもありません。興信所の大きさで、依頼をする、しないの判断をするのはあまり正しい選択ではありません。大きければそれだけ維持費もかかりそうですし、小さければ安心感が薄い。興信所を選ぶ場合、まず公安委員会に届け出されているのかや、実際に掲載されている住所に興信所の存在があるのかなどは、最低限チェックしておくことが必要です。


興信所についての知識が必要です。

興信所に調査を依頼すりにも、興信所のことを知っているのと知らないのでは、その後の調査に大きく違ってきます。

具体的にどのように違いがあるのかと言えば、「悪質な業者に騙されない」、「不当な調査契約を結ばないで済む」といった2つを挙げることが出来ます。

これを聞いて驚いた方もいるかもしれませんが、興信所へ調査を依頼して、その興信所とトラブルになったという方は年間に数千件存在します。
興信所とのトラブルと言ってはいますが、多くの場合は、興信所の名を騙る悪質な業者による詐欺被害のようです。

しかし、この悪質な業者と優良な興信所を見分けるのは、一般的に難しく、はじめて興信所を利用する人にとって何がどう違うのか疑問が多くあります。

また、料金に関しても、ある興信所に浮気調査の見積りをお願いしたら、着手金に50万円と言われ、他の興信所にも同じ条件で見積りをお願いすると、総額で90万円と言われて、40万円の金額差は何か首を傾げてしまう人もいるのではないでしょうか。

当然、これらにはそれなりの事情があって、興信所に調査を依頼する際には、この事情を知っているかいないかで、大きく違ってきます。

なぜ、同じ条件で調査の見積りをしたのに料金が違うのか、悪質な業者と優良な興信所の違いはなにか、疑問点を上げれば沢山出てきます。

これらの情報を集め、自分の調査に活かすことが出来なければ、興信所選びは失敗してしまいます。
このサイトでは、そうした興信所選びに必要な知識をご紹介しています。


興信所の料金の平均を調べる

興信所に調査を依頼したとき、いくらの調査料金が必要になるのか、調査を行う前に料金のことを調べておくのは当然のことです。

この興信所の料金を調べるとき、料金の平均を調べておくと、それぞれの調査料金を比較して、どこが一番調査料金が安いのかすぐに見分けることができます。

興信所の料金は、各調査毎に違いがあります。浮気調査なら30万円、盗聴器発見調査なら10万円、人探し調査は40万円といった具合です。

自分がどの調査を依頼するかで、調査料金はことなりますので、金額を間違えないように注意して下さい。

興信所の調査料金の平均は、確かな料金を比較するのが、もっとも正確な金額を出す方法ですが、大まかな金額でいいのなら、各興信所がホームページなどで掲載している料金表を参考にして料金の平均を計算するのが一番簡単な方法です。

正確な金額を知りたい場合は、興信所に見積りを出してもらえば、その金額を元に平均を計算することができます。
ですが、この方法だと、多くの興信所に見積りを出してもらう必要があるため、時間がかかります。

時間の短縮を図って、おおよその金額で比較をするか、それとも、時間はかかるが、正確な金額を計算するかは、調査を依頼する人が選べばいいと思います。

浮気調査や盗聴器発見調査の場合だと、時間的な余裕がなかったり、一刻もはやく調査をしてもらいたいと思うため、時間をかけない計算方法がよく取られます。

しかし、時間の余裕があった場合は、複数の興信所に見積りをしてもらって、正確な料金を計算してもらうことをおすすめします。

では、こちらの情報もあわせて、これから興信所選びのポイントを見ていきましょう。



(C) 興信所お探しネット 誇張広告には、ご注意!